TOP > 複雑な問題
 ← 当選するのかな? | TOP | 当然の判決

スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


複雑な問題 

2007年05月22日 ()
和歌山県立医大で患者の呼吸器外し…医師を殺人で書類送検
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070522-00000007-yom-soci

命を左右した行為ではあるけれど、これが直ぐに殺人罪へとは繋がってほしくない問題です。

5月22日15時18分配信 読売新聞

人工呼吸器が取り外され、患者が死亡した和歌山県立医大付属病院紀北分院

 和歌山県立医科大付属病院紀北(きほく)分院(和歌山県かつらぎ町)で、延命措置を中止する目的で80歳代の女性患者の人工呼吸器を外して死亡させたとして、県警が、50歳代の男性医師を殺人容疑で和歌山地検に書類送検していたことが22日、わかった。

 終末期医療を巡っては国や医学界の明確なルールがなく、患者7人が死亡した富山県・射水(いみず)市民病院のケースでは結論が出せないまま1年以上捜査が続いている。和歌山の事例は、判断が揺れる医療と捜査の現場に新たな一石を投じそうだ。

 調べによると、男性医師は脳神経外科が専門で、県立医大の助教授だった2006年2月27日、脳内出血で同分院に運ばれてきた女性患者の緊急手術をした。しかし、患者は術後の経過が悪く、脳死状態になっていたため、家族が「かわいそうなので呼吸器を外してほしい」と依頼。医師は2度にわたって断ったが、懇願されたため受け入れて人工呼吸器を外し、同28日に死亡したという。
スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

[2007.05.22(Tue) 17:08] 未分類Trackback(0) | Comments(0)
↑TOPへ


 ← 当選するのかな? | TOP | 当然の判決

COMMENT

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

この記事のURL:
http://geinoulovers.blog100.fc2.com/tb.php/494-347d483d
 ← 当選するのかな? | TOP | 当然の判決

最近の記事

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。